人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本と沖縄、中央と辺境

日本と沖縄、中央と辺境_a0023082_09285017.jpg
学生時代から沖縄に関わってきてそれなりにいろんなものをみてきた。
沖縄の島唄文化のフィールドワークがメインだったんだけれど、やはり基地問題は避けて通れなかった。
それに加わることは一度もなかったけれど、生まれ育った家庭環境もあって基地反対運動にシンパシーを感じていた。
しかし10年前にある光景をみてから逆の印象を持つようになってしまった。
それがなんだったかについては書かないけれど反対運動に懐疑的になってしまった。



基地問題だけでなく沖縄の抱える物事を深くみることをさけ、観光者あるいは離島マニアとして表面的な部分のみを愛でるようになってしまった。
老後に移住するべく具体的な投資もしたけれど今思えばお気楽ナイチャーの感性での行動だったと思う。



この10年、基地問題の情報のほとんどはインターネット経由のものだった。
推進派/反対派双方のフィルターの掛かっていない情報とそれにのっかる罵詈雑言。
ことさら直近の感情である反対派への不信感を増幅させるものに揺り動かされてきたのは事実。
その中の一人でいつも毒吐いている感が強い中川さんが過去を一掃したいとまで思わせたというこの告白にドキッとした。


1991年2月、19歳のとき、一人暮らしの水道管が凍結して破裂したのをきっかけに、なにげなく大阪南港から30時間かけて那覇新港についてからの放浪の日々。
糸満で道を尋ねたおばあが「あんた日本からきたの?」という発言こそがぼくが沖縄に関わるきっかけだった。
ヒッチハイクと野宿の旅のなかで「あんた日本からきたの?」が何度も脳裏によみがえりわけもなく涙が出た。
あれと近い体験だったのではないか。


まちがいなくほとんどのウチナンチュは自らのことを日本人だとしている。
でも〈中央〉の日本人が「沖縄は日本」といったとき、それは〈辺境〉のウチナンチュには所有されている意味にしかなっていない。
この「中央と辺境」の意識構造こそ基地問題をはじめ沖縄の抱える物事に横たわる。
「中央と辺境」は沖縄県内にもあるし、日本の、世界の、どこにでも多重構造で存在する。
中央は辺境を利用するし。辺境は中央とどう向き合うかで生きていかなくてはならない。
地政学的なことだけではない。
人間の心理や文化にもある。
10年前までこのことをずっと考えていた。


考えなくなった理由はわからないけれど、この我が人生の最大のテーマをまた考え直したくなった。


# by champlasonic | 2017-03-10 09:16 | days
バナナがヒルごはんナンデス_a0023082_17221859.jpg


平日にオフィスで食べるランチはたいていバナナです。
バナナ2本とヨーグルト、そしてたまにファミチキ。
一房5本を2日間かけて食べます。

3本目がある日は「ボーナスバナナ」とよんでおやつにしています。
平日は一週間で5日あるので4日はバナナ、1日はなに食べても良い日。

この生活で半年で5kg落としました。
年末年始でサボってしまってリバウンド中なのは公然の秘密です。

# by champlasonic | 2017-02-02 17:28 | food
土曜の昼下がり、Buzzfeedの「カップ麺を100倍美味しく食べる裏技」という記事を読みました。
お腹が空いたのでキッチンにいくと今日のランチ用においてあったのがマルちゃん赤いきつね。

カップうどん界において日清どん兵衛と双璧をなす赤いきつねでこの裏技を試してみました。
結論から言うとこの食べ方は「かなりアリ!」でした。

材料は赤いきつねとごま油だけ!

カップ麺を100倍美味しく食べる裏技をどん兵衛ではなく赤いきつねで試してみた_a0023082_19152529.jpg

まずはふつうに赤いきつねを作りましょう。

カップ麺を100倍美味しく食べる裏技をどん兵衛ではなく赤いきつねで試してみた_a0023082_19152631.jpg

つまようじで穴をあけて…

カップ麺を100倍美味しく食べる裏技をどん兵衛ではなく赤いきつねで試してみた_a0023082_19152602.jpg


湯切りします。

カップ麺を100倍美味しく食べる裏技をどん兵衛ではなく赤いきつねで試してみた_a0023082_19152755.jpg
※やけどには気をつけてくださいね!

粉末スープを三分の一くらい入れます。

カップ麺を100倍美味しく食べる裏技をどん兵衛ではなく赤いきつねで試してみた_a0023082_19152893.jpg


そこにごま油(大さじ1くらい)を入れます。

カップ麺を100倍美味しく食べる裏技をどん兵衛ではなく赤いきつねで試してみた_a0023082_19152887.jpg


よーくまぜたら完成!

カップ麺を100倍美味しく食べる裏技をどん兵衛ではなく赤いきつねで試してみた_a0023082_19152968.jpg


ごま油ってすごいですね、いつものおうどんじゃない!

カップ麺を100倍美味しく食べる裏技をどん兵衛ではなく赤いきつねで試してみた_a0023082_19153007.jpg

100倍かどうかはともかく、油そば的なまったく新しいお味でした。
このレシピはリピ決定。

ちなみに赤いきつねには七味唐辛子がついているのでお好みでかけるのもいいでしょう。
また、カップラーメンのスープを完食してしまったあといつも「あんなにたくさん飲むんじゃなかった…」と罪悪感を抱いてしまいがちですが、残った粉末スープをマグカップにいれてお湯でうすめていくのもいいかもしれません。

作り方をそのままパクってしまいましたが、これはもぷ残された人生をたのしむライフハックとして脳裏に刻む必要があります。
このレシピを開発したBuzzfeedさんリスペクトです。




# by champlasonic | 2017-01-28 21:53 | food
Google翻訳のリアルタイム翻訳が日本語対応してバズっていますね。
機械翻訳のビジネスにもたずさわっているので悔しくはあるのですが、翻訳そのものよりも空間の文字列をリアルタイムで捉えて素早くAPIの帰りを載っけて表示するという技術が一番すごいと思います。

さて、個人的にはこっちのほうが凄いぞ、ってアプリがあります。
Aipoly - iPhoneかざすとそれがなにかを認識するアプリ_a0023082_18271996.png
AipolyはiTunes Storeでダウンロードできます。


とりあえずこんな感じです。

Aipoly - iPhoneかざすとそれがなにかを認識するアプリ_a0023082_18530689.png
ちゃんと「キーボード」と認識。
かしこい!

Aipoly - iPhoneかざすとそれがなにかを認識するアプリ_a0023082_18410246.png
愛用の角マウスはわからなかったようです。
このマウスが好きで3台も持ってる。

Aipoly - iPhoneかざすとそれがなにかを認識するアプリ_a0023082_18422007.png
自信がないときはこんなかんじ。
コーヒーカップなんだけど。

Aipoly - iPhoneかざすとそれがなにかを認識するアプリ_a0023082_18431082.png
輪ゴム。

Aipoly - iPhoneかざすとそれがなにかを認識するアプリ_a0023082_18434962.png
これは輪ゴムじゃないよ!


そして色も認識します。

Aipoly - iPhoneかざすとそれがなにかを認識するアプリ_a0023082_18444530.png
モグラ色って初めて聞いたwww

コンピュータがモノを認識するというのは最先端のことではないのかもしれないけれど、たとえばGoogleGlass的なウェアラブルデバイスで自分がみているものをテキストデータに変換できる。
つまり、日々見ているものが検索可能になったり、タギングができたりして、そんなメタデータを分析できる…

凄い時代に進んでいることを実感します。


# by champlasonic | 2017-01-26 18:19 | web/technology
まだiPhoneのシャッター音で消耗してるの?_a0023082_09391911.jpg
今日でiPhone 6からiPhone 7に機種変更して20日目です。
購入前はFelica搭載でSuicaが使える以外にこれと言った進歩を感じなかったのですが、iOS10になってから6のもたつき、特に文字入力のレスポンスの悪さにイライラしていたのが解消したのは巷で言われるRAMの向上(6は1G⇒7は4Gらしい)の賜物でしょうか。
毎日の通勤やコンビニで財布を持ち出さなくてよくなったことにそれほど大きな喜びはないものの支払った瞬間の「ブルッ」、それからホームボタンの感圧も心地よく満足しています。

それでも購入前から気になっていたのはシャッター音のデカさです。
Felica対応はどうでもいいから無音の海外版を買おうかと思ったくらいでしたが香港版の販売価格、それにアップルストアで6を下取り前提で工面していたのであきらめました。

7にはLive Photoが搭載されていて6sに搭載されたころからテレビCMでも盛んにアピールされていました。
たしかに最初はたのしかったけれど、カメラロールでみるときしか意味がなく、おそらく画像容量も大きくなっていることを考えると必要ない機能だと判断しました。
ただLive Photoで取ると「カシャ」ではなく「ピコ」というおとなしい音になるのでシャッター音嫌悪派には好都合ではありました。

とにかく音が鳴ること自体がイヤなので6のときから「Microsoft Pix」をリリース当初から愛用していました。
Microsoft Pixはベストショットを選んでくれたりアニメーションにしてくれていたりかなりたのしいアプリでオススメです。
ただ起動に時間がかかったり、うまくできたアニメーションを思わず保存してしまうのでストレージの圧迫につながっていることも感じていました。

まぁそんなことを逡巡し、いくつかの無音カメラアプリを試してみたのですが行き着いたアプリがこの「Bestshot」です。
掟破りの有料アプリですが120円、今だと半額セール中とのことです。
先月購入したUSのStoreでは0.9ドルだったので長くやってるのかもしれません。

このアプリのいいところはなによりシャッター音を無音化できることです。
起動も早いのでそれだけで缶ジュース1本分の元は取れたと思えました。

使ってみて意外とイイのがシーン選択です。
「標準」「くっきり」「明るく」「料理」「風景」「美肌」が選べます。
デフォルトのカメラアプリよりも色合いはハッキリしています。
まだiPhoneのシャッター音で消耗してるの?_a0023082_09270748.jpg
iPhone標準のカメラアプリ

まだiPhoneのシャッター音で消耗してるの?_a0023082_10194871.jpg
Bestshotの「標準」モード

まだiPhoneのシャッター音で消耗してるの?_a0023082_09273758.jpg
Bestshotの「風景」モード


ちなみに「料理」でいくつか撮ってみましたがあまり美味しそうには感じられませんでした。(好みの問題ですが。)
「美肌」はよくあるフィルタですが40男のシミも隠せます。(さすがに作例はあげませんw)

それからもうひとつ、ステップズーム。
ボタンでポンポンポンとズームにできるのはカジュアルに撮りたいiPhoneのカメラには向いていると思います。
設定画面で「2段階」「3段階」「4段階」で選べます。

iOS10.2へのアップデートでスクリーンショット時の無音化がようやく実現しました。
同時に標準カメラアプリのシャッター音もボリュームも小さくなりました。
でもやっぱりシャッター音なんていらないでしょう。
このイライラ解消に120円は安いと思いました。


# by champlasonic | 2016-12-15 09:45 | goods/gadget