はじめてのUbuntu - マカーによるDell Inspiron Mini 9レビュー

Dell Inspiron Mini 9 / Ubuntuが届いてちょうど2週間。
生粋のマカーによる体感を書いてみます。
▼Dell Inspiron mini 9
http://www1.jp.dell.com/content/products/productdetails.aspx/laptop-inspiron-9

購入経緯

フリーランサーで定住オフィスを持たないぼくは、コード類をいれると約3kgのMacBookを毎日持ち歩いています。
書類やらなんやらをつめた手提げカバンは総重量5kgオーバーになってきていて、これがけっこうツラい。

EeePCの出現を見るまでもなく、とにかくフルスペックフルキーボードでダウンサイジングなPCを待っていました。
▼oqo - ユビキタスよりもダウンサイジング:物欲喚起の肝
http://champla.exblog.jp/1211873
▼最近「ダウンサイジング」って聞かないけど - AOpen miniPC
http://champla.exblog.jp/2484301

マカーとしては小さなMacBookMiniの到来を待ちわび、ジョブスのスピーチも徹夜でウォッチしてきたものですが、あまり期待できそうもありません。
▼次の祭りには参加します - Leopard×MacBook Mini
http://champla.exblog.jp/6208897

そこでこのネットブックブーム。
いくつかのマシンのスペックを比べてIndpiron Mini 9を選んだ決め手は以下の点。
1)小さいこと
アタリマエのことですが、軽さだけでなくサイズの小ささも大切で、1kg前後でできればA5版くらいのサイズが理想です。画面が小さいと作業はやりにくいものですが、逆に考えるとMacBookや自宅のデスクトップマシンの存在価値がキープできるってもんです。
2)安いこと
これもアタリマエですが、あくまでサブマシンですから5万円以内に抑えたいところです。
3)SSD搭載
MacBookAirにSSDが搭載されているのがうらやましくて、「これからはHDDではなくSSDだろ!」「SSDであることで軽くて早くなる!」という思い込みです。これでHP2133は消えました。
4)イーモバイルが接続可能
23区内にいてHotSpotとFONユーザー(fonela)であれば、ほぼWiFiは掴めます。しかし、クライアントが高層オフィスビルだったりするとセキュリティの問題などがあるため、どうしてもイーモバイルがつなげられなくてはなりません。
5)Ubuntuであること
マイクロソフトのプロダクトはマウス以外認めてないので(笑)、わざわざWindowsマシンを買う気はありませんでした。海外ではフツーLinux搭載マシンが売られているのに、なぜか日本ではWindowsマシンしか売られないのはなぜなんでしょう?
そんなわけで、Inspiron Mini 9のUbuntu搭載マシンが値下げの発表があった翌日、すぐにオーダーしました。
そして、資金確保のため、注文していたpomeraを未開封のままiwanao氏に譲ったのでした。笑

スペック

BTOでカスタマイズしたスペックは以下の通り。
Inspiron Mini 9 ベーシックパッケージ(Ubuntu 8.04)
CPU:インテル(R) Atom(TM) プロセッサー N270 (1.6GHz, 512KB L2キャッシュ, 533MHz FSB)
キーボード:英語キーボード
メモリ:1GB DDR2-SDRAM メモリ
グラフィック:インテル(R) GMA950グラフィック (チップセット内蔵)
キャリングケース:梱包箱
ハードディスク:16GB SSD (ソリッドステートドライブ)
OS:Ubuntu 8.04 (DELL カスタマイズ版)
内蔵ウェブカメラ:ウェブカメラなし
光学ドライブ:光学ドライブなし
液晶ディスプレイ:8.9インチ TFT TrueLife(TM) WSVGA 光沢液晶ディスプレイ LEDバックライト (1024x600)
セキュリティソフト:アンチウイルスソフトウェアなし
デルケア [パソコン本体の保証]:標準 - 1年保守 [引き取り修理]
Discount:Inspiron Mini 9 オンラインパッケージ(PIOT5661)
バッテリ:4セルバッテリ
カラー:パール・ホワイト
Misc 5:PCリサイクルマークシール あり
Bluetooth:Bluetoothモジュール (V2.1+EDR対応)
ワイヤレスLAN:ワイヤレスLANカード (802.11b/g対応)
ウェブカメラやセキュリティソフト以外はすべてフルと言ったカンジ。
これで48630円でした。
一時を考えるとずいぶんPCも安くなったものです。

サイズ検証

MacBookと比べてみます。
閉じた状態で重ねてみました。


開けて並べてみました。

重量はMacBookのほぼ半分、持ち歩く電源ユニットも軽めなのでこれはかなりのアドバンテージです。
もちろんキーボードも小さくなるわけですが、特に慣れると打ちにくさは感じなくなりました。
ただ、配列がちょっと特殊です。
また、このトラックパッドには未だに慣れません。
「安物だから」と割り切るようにしていますが、MacBookがいかにしっかり作られているかを痛感します。

つづいて画面サイズですが、8.9インチのWSVGA(1024*600)ということでやはり狭いです。
これで思い出したのは往年の名機SONYのVAIO C1。
C1復活運動にも署名したことがあるぼくにとってはむしろこれはうれしい狭さです。笑

そんなわけでスクリーンショットをば。


Ubuntuカラーのベージュを基調とした画面。(テーマは「システム設定」変更できます。)
スペーシーなMacのデスクトップを見慣れている身には、このアーシーなテイストは新鮮です。
Ubuntu起動時のアフリカンドラムもイイです。


デスクトップにはアイコンはなく、ツールバーからアプリやフォルダを開けます。
右下のゴミ箱の横はMacの"Spaces"と同じように二つのデスクトップの表示切替が可能です。
とはいえ、やはり狭い…。
YouTubeを再生してみるとこんなカンジ。

ギリギリです。
フルスクリーンにするとこんなカンジ。
HD画像とほぼ同じアスペクト比ですね。
ちなみにこの映像はMadonnaのConfessionsTourのHD動画。
http://jp.youtube.com/user/ConfessionsTourHD
正直再生はCPUパワー的にもツラかったです。

ブラウザはFirefoxが入っているのですが、実際に表示してみるとこんなに狭い。

ツールバー部分がせまいGoogleChromeが待ち望まれるところですが、Windowsキーを押すとYouTubeのフルスクリーンモードのようにできます。


ちなみに、自宅サーバーのMacをリモートで開くとこんなカンジ。

筐体が新MacBookとよく似たカラーリングだったりすることも手伝って、MacBookMiniかのようです。笑
ま、これは接続スピードに依存するのでバリバリ作業がこなせるわけではありませんが。

アプリケーション

Mini 9にはたくさんのアプリケーションがプリインストールされています。
正直Linuxなアプリケーションの実用性には疑問をもっていたのですが、サブマシンでの作業環境としてはまったく問題ありません。

前述したように、ブラウザはFirefoxが入っています。
もちろん有名どころのアドオンもほとんど使えます。
メーラーはEvolutionというソフトが入っていますが、長年使っているThunderbirdを入れてみました。

もともと縦3ペインが好きなんだけど、この画面サイズでは縦3ペインが必須、と思ったらやはりツラい。
でも実際のメール本文の表示と作成は別ウィンドウを開けば問題ありません。

同じように2chブラウザ「JD」も縦3ペインで表示。
2chブラウザは必携アプリですが、唯一のこのアプリ、正直ちょっと非力です。

IMはPidginという統合アプリがあります。
これはマカーにはおなじみのAdiumと同じですね。
Skypeもあるようですがインストールはまだ。

オフィスユースのだいたいのことはOpenOffice.orgがあるので安心。


画像関連もGimp、Inkscape、FlickrUploadrなども揃っています。
また、イーモバイルD02HWとの接続にかなりなやまされたのですが、gnome-pppというアプリにイーモバの設定をすることでバッチリ使えるようになりました。

そんなワケで、このアプリ群、「あくまでサブマシンとして」と考えれば十二分に使えます。
特に感動したのがAmarokという音楽ファイルオーガナイザー。

これはiTunesを凌駕すると言っていいくらいのアプリかもしれません。
後日レビューしたいと思います。

---

実はLinuxは大昔にMacG3DT266にRedHatを入れて遊んだことがありました。
それを思うとUbuntuは驚くほど進歩しており、もうMacやWindowsと十分戦えるGUIを備え他ものとなっていると思います。
発展途上国を中心にLinuxでPCが普及していっているようですが、もうこれでいいんじゃないでしょうか。
例えば、企業の全社員にWindowsとMSOfficeの入ったPCを支給する必要ってあるのでしょうか?
MSの法人サポートに幻滅したことが幾度もある者からすると、あんな高いライセンス料を払う選択肢はありえないと思います。

ま、知らないOSをいじるのはたのしいしよい勉強になります。

今後は、現在MacBookにあるドキュメントやデータを自鯖に置いて、ターミナルから引き出せるようにしていくことで、自分自身の機動性をあげていきたいと思います。
Commented by koriym at 2008-12-17 01:46 x
僕もオーダーしてますー
Commented by champlasonic at 2008-12-24 18:44
お。じゃいろいろ教わろうw
Commented by ラッキー at 2009-01-06 20:25 x
はじめまして。このpcを検索してましたら偶然ヒットしましたもので・・・。友人も同じものを持っているのですが、アンダーバーが出せずに困ってました。私自身使っているIDにほとんど"_"がついてますので非常に重要な問題なのですが、実際のところはどうなのか、ユーザのお話をうかがいたく投稿させていただきました。よかったら教えて下さい。宜しくお願いします。
Commented by champlasonic at 2009-01-07 14:06
>ラッキーさん
私がつかっているのは英語キーボードなので、"Backspace"の下、上から二段目の右から二つめのキーにあります。
日本語キーボードだとわからないのですが、ハイフン("-")のキーをShiftを押しながらででませんか?
それにしてもクセのあるキーボードですので苦労しますね。笑
Commented by ラッキー at 2009-01-09 19:36 x
はじめまして。ご親切にどうもありがとうございます。
友人宅であーだこーだとやってみました。"_"確かにキー上では確認できたのですが,shitとの組み合わせでも"="になってしまうんです。しかし原因がわかりました。
set-upの際にキーボード設定しますが、それを日本語ではなくEnglishで設定したところ解決しました。(ちなみに英語キーボードです)
問題解決したところで私も注文したいと思います!
本当にありがとうございました。
ちょくちょくblog読ませていただきます。
Commented by champlasonic at 2009-01-14 14:35
>ラッキーさん
あ、そういえばキーボード設定を私もいじりました!
すっかり忘れてしまっててお役に立てず申しわけありませんでした。
UbubtuになってかつてのLinuxにあったとっつきにくさはかなり解消したけれど、やはり「初心者のためのOS」とまではいきませんね。
私は現在、OSアップデートができない、Skypeなどのアプリがインストールできない、などの謎に苛まれております。笑
ま、がんばって使いこなしましょう!
by champlasonic | 2008-12-11 17:33 | goods/gadget | Comments(6)

A new yOS update is now available


by champlasonic