いまもまだ震えが止まらない、ミュートビートのリユニオンライヴ

明日は早起きしなきゃならないんだけど、今夜のことはいま書かないといけない気がするので書きます。

直前のエントリを現場からケータイでポストした60分後、暗転の恵比寿リキッドルームに音が鳴り始めました。
最初の一小節でわかります、"AFTER THE RAIN"のトラックです。
▼Mute Beat - After The Rain
http://www.youtube.com/watch?v=fYACG0suiq8

この曲は、朝本さんが書いた曲で、トランペットもトロンボーンも入らない、ミュートビートにしては珍しい曲です。
でもぼくはこのリリシズムあふれる曲が大好きなので、この瞬間から涙腺決壊。

そして、ミュートビートはその勇姿をステージに現しました。
宮崎泉のうまい切り替えで、屋敷豪太と松永孝義がそのリディムを刻み始めます。
そして、キーボード朝本浩文、トロンボーン増井明人、トランペット小玉和文が入ってきました。
振り返るとミキシングコンソールの前に宮崎泉。
まさか、この光景を生で見られるとは夢にも思いませんでした…。

ミュートビートの全盛期、ぼくはいなかの高校生でした。
高校3年8月の暑い日、学校の近所のレコード屋で発売日にCDを買い、片道45分、どんな作品になっているか期待に胸ふくらませて自転車をこいで帰宅。
そしてウチで聴いたアルバムが『STILL ECHO』で"AFTER THE RAIN"はこのアルバムに収録されていました。
目を閉じて音を一音一音たしかめるように聴いて、心動かされて涙を流してました。
「ライヴみたいなぁ」と思っていたけど、東京は遠く、結局ミュートビートのライヴを見ることは叶いませんでした。

そんなミュートビートのGOTAこと屋敷豪太が、ぼくの通っていた高校の先輩だったってことを知ったのはその直後でした。
で、屋敷豪太の音楽はもっと前から聴いていたってことを知りました。
それは綾部・西町商店街のアーケード内の宣伝放送、屋敷豪太の実家である喫茶「カナ」の宣伝のBGM。
スクラッチとラップを使ったもので当時とても斬新でした。
「これカナの息子が作ったらしいでー」という話しは聞いていたのです。
まさかその人が後にSOUL II SOULでグランドビートを生み出すとは…ね。

その数年後、新卒で入ったのがミュートビートの作品をリリースしていたレコード会社・ポニーキャニオンでした。
ミーハーなので、ミュートビートあるいは屋敷豪太と仕事ができることを夢見ながら働いていました。(もちろんそれは叶いませんでしたが。笑)
ただセールス担当時代に、小玉和文がプロデュースしたフィッシュマンズ、小玉和文が担当し後に"DREAD BEAT IN TOKYO"としてリリースされた『集団左遷サントラ』、宮崎"DUB MASTER X"泉+ピアニカ前田(+YOU)の"TOKYO DUB STORY"、そしてミュートビートの旧譜などで関われたのは幸せでした。
▼TOKYO DUB STORY
http://www.youtube.com/watch?v=UYY2E2u_8CE

今日のライヴで小玉和文が何度も繰り返し言っていたことの一つが「縁」ということでした。
「いろいろあるんだけど、日々を生きて、この場、ここに、こうやっていること」
このリユニオンもそうだし、いなかの接点や、仕事の接点、熾烈なチケット争奪戦を勝ち抜いてこの場に立ち会えたこと、すべては「縁」。
なによりもこのスゴいバンドと出会えた縁に感謝です。

今日のライヴのスゴさは、自分を見つめ直すキッカケを与えてくれました。

▼ミュート・ビート - goo音楽
http://music.goo.ne.jp/artist/ARTLISD1105101/index.html
※手前味噌ですがぼくが書いた文章です。

---
ホントはライヴのレビューを書くつもりが、あのライヴを見終えたあとの万感の想いが、なんだかワケのわからないエントリになってしまいました。
でもまだまだ書きたりないんだな…。
Commented by kobaping at 2008-04-03 11:33 x
>屋敷豪太の実家である喫茶「カナ」の宣伝のBGM。スクラッチとラップを使ったもので当時とても斬新でした。

是非聴いてみたい(笑)。ミュート以外で当時のシーンからいまだにがんばってるオッサンって誰がいるかな?ECDとランキンさんくらい?元気なオヤジたちを見習いたいものです。
Commented by ヨーコ at 2008-04-03 19:03 x
ZANめちゃめちゃイカす。カッコイイ!
Commented by champlasonic at 2008-04-07 18:49
>kobaping
いまはもうかかってないだろうなぁ。
こんどぼくの歌で聴かせてあげます。笑
ECDとランキンタクシーはまだまだしぶとくてたのもしいですね。
いとうせいこうはもうタレントになってしまいましたが…。

>ヨーコ
いやぁ、バンドがカッコイイんだよ!
問題はこの流れをどう持っていくかだよ、我が人生。
Commented by yuu@ at 2008-05-13 14:59 x
はじめまして、Dub Master X さんについて調べていて、
偶然こちらのブログを拝見しました。
僕もイナカの高校生で、リアルタイムの MUTE BEAT を観られなかった
クチで、今回の ONE NIGHT も諸事情で観られず涙しました(泣

知り合いに貰ったライヴ音源を聴いた感想などを書いておりますので
もしよろしければ、ブログをのぞいてみてください。

http://www.uxmac.com/~yuu/cgi/tdiary/

または mixi

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=792618066&owner_id=133917

です (^^
Commented by champlasonic at 2008-05-14 18:34
はじめましてー。
よっ、ご同輩ですね!
ライヴはみられなくとも、あの時代に新譜のリリースにあわせて聴いてただけでも同時代体験ですよ。
いい時代に生きてることに感謝です。
by champlasonic | 2008-04-03 01:36 | music | Comments(5)

A new yOS update is now available


by champlasonic