ブログ書かなくなったなぁ

津田さんの「もうここ数年ろくに更新はしていない」発言。
スターな彼と並んで論じるのはおこがましいけど、かつては毎日のようにブログ書いてたのがウソのようなぼくはなんだか救われた気がした。

言い訳にすぎないけど、もうブログなんて書く意欲がおこらない。
でもそんな自分がすごくイヤでもある。
ブログプラットフォーム事業にも携わってきたウェブサービサーの端くれ的には、いまだにWordPressに取って代わるクールなブロギングツールが存在しないことが気になって、諦めて、気になって…の繰り返し。

伝えたいことがなくなったわけではない。
ただ、日常的に発生するアウトプット衝動はFacebookがカバーしてしまっている。
FacebookやTwitterなどソーシャルはたくさんのブロガーを殺した。
"Social Media Killed the Blog Star"とバグルスに歌わせたいくらい。
(その後、"Internet killed the Video Star"というのもあった。)
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=BiB0VgOKojg?rel=0&w=480&h=360]
ビデオがラジオスターを殺せたのは、ラジオよりも優れた表現力をビデオが持っていたからだろう。
だがしかしソーシャルはブログを超える表現力を持っているとはいえない。

実はブログスター、つまりアルファブロガーは殺されていない。
殺されたのはぼくのようなアルファに満たないブロガーだ。
誰の役にも立たないアウトプットを垂れ流してきたオメガブロガー。
オメガブロガーは承認欲求が満たされてしまえばそれでよかった。

そこでソーシャルが出てきた。
アウトプットの数秒後に「いいね」が付く。
承認欲求はリアルタイムで満たされまくる。
オメガブロガーは死んでいった。
オメガブロガーがいなくなるとブロギングツールは生まれない。
WordPressがいまだにNo.1なのは、ビジネスとして抗ってももう得るものがないからだ。
養分のオメガブロガーがいない限りムリなのだ。

しかし、ソーシャルメディアははかない。
実にはかない。
かつて「墓のない人生をはかない人生といいます」というCMがあった。
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=OpMCZMCNV64?rel=0&w=480&h=360]
ソーシャルメディアに墓標は建てられない。
こんなフローなメディアは流れ流れて数時間でネットの海の藻屑と消え去ってしまう。
墓が流されてしまうのだ。

その点ブログというストックメディアは何年後に発掘される可能性がある。
検索というスコップを使って、様々な情報を発掘する人が何億といる。
その中のひとりに発掘されて、役立ててもらったときの喜び。
それがソーシャルにはない。

なんだかんだ言っても結局のところ、発掘される価値のあるアウトプットができてないことに尽きる。
実際ぼくの過去のブログのほとんどがフローメディアで十分な内容だったのだろう。

そんなことをひさしぶりにブログに書いてみたけど、ほら、発掘されるような価値はない。
そんなもんだ。


▼ハフポストが示した「ネットメディアが金になる時代」の到来
http://www.huffingtonpost.jp/daisuke-tsuda/post_4739_b_3218697.html
by champlasonic | 2013-07-19 14:07 | web/technology

A new yOS update is now available


by champlasonic