なんか釈然としないGroovesharkの論理

▼「レコード音楽は無料であるべき」と考えるGroovesharkの「6つの理由」
http://www.gizmodo.jp/2012/04/grooveshark6.html

なんか釈然としない。
彼らのビジネスのタネであるプラットフォームで聴かれている楽曲のほとんどが(彼らの言う)「レコード音楽」。
それにタダ乗りして自己正当化の論陣はられてもなぁ。
現状の否定のためのパイレーツにはやっぱり賛成できない。

音楽のライツへの批判はいつも音楽家からの「搾取」や「中抜き」といった言葉で語られる。
レコード音楽でお金を取るのは、すべて音楽や音楽家をヒットさせるためにのコストがかかっていたからに尽きる。
しかもコスト回収できるかどうかわからない音楽家や楽曲にもコストをかけられるのは、レコード会社や音楽プロダクションで束ねることによってリスクヘッジができるから。
そうやってヒットを生み出すサポートをしている。
ビジネスマンであるならばなおさらその対価の必要性を理解できるハズ。
彼らが理解していない(もしくはそのフリをしている)のであれば、音楽を犠牲にしているという点においてなおさら罪深いのではないだろうか。
よく既に歴史を築いたビッグアーティストがあとだしジャンケン的にレコード会社批判をするのをみるとガッカリする。
ぼくらレコード会社のセールスマンは、音楽家サイドからどれだけ理不尽なノルマを押し付けられてきたか!


「ミュージシャンはツアーで稼げるはず」というのはよく語られるハナシだけど、ライヴ活動を止めると稼げなくなる。
レコード、それはデジタルデータ配信になってもミュージシャンにとってなくてはならない。
止まったら死ぬ。
死ねばすべてフリーとなるのか?
対価を拒否していてはどんな綺麗事をいっても成立しない。

もちろん、今の音楽産業はノロいし腐敗してるし弁解の余地はない。
フリーな音楽の存在を認めることは音楽ビジネスにとっても、音楽家が音楽で食っていくためにも必要。
それを柔軟的に可能にする仕組みが必要。
それはけっしてパイレーツであってはならない。

彼らが言うように今はレコード時代よりももっと安いコストでヒットさせることができる。
すなわち前述のリスクを回避することができる。
それを証明するのであれば、過去曲は扱わず、新たにまっさらの楽曲のみで始めて、成功事例をたくさん作り、業界に魅せつけることに注力すべきだと思う。
とはいえ、彼らはビジネス的な成功を第一に考えている。
彼らの語る理想論はそのための美辞麗句にしか聞こえないというスパイラルに陥ってしまっている。

とにかく、自らのビジネスの理屈の正当化のために、すでにある音楽を犠牲にするのは本末転倒だと思う。

---
学生時代に読んだベンヤミンのこの著をこの状況と照らしあわせてもう一度読みなおしたい。
a0023082_14255661.jpg

複製技術時代の芸術 (晶文社クラシックス)
by champlasonic | 2012-04-27 14:04 | web/technology

yOS updates

A new yOS update is now available