「ほっ」と。キャンペーン

90日間で3kgダイエットできてる44歳のワタシ

快調に痩せてきてる。
50歳になるころには空に浮いている、あるいは無に帰す計算になる。(ならない。)

a0023082_07234405.jpg


これはWiFi体重計Withingsで測ってUP3の画面でみたもの。

食後だったり風呂前だったり測るタイミングはバラバラだけど乗るだけでスマホにログってくれるのは便利。
3年前に買った安いWithingsなので体脂肪計はついていないし、そもそも計量精度についても疑問が残ることはある。
ただ体重を気にする習慣にはなっているのは大きい。

JawboneがUPを発表したときに飛びついたのも3年前。
すぐに故障するUPを何度か買い替え、今年に入ってMisfit Shine 2に乗り換えた。
必要なトラッキングに文句はないしなにより半年くらい充電しなくていいのは大正義。
ただ致命的だったのが個人的にかなり重要機能であるバイブレーションアラーム機能が貧弱で朝起きられなかった。
本当はJawbone UP3が欲しかったんだけど発売当時は3万円近くてとても買えなかった。
それが先月末のAmazonタイムセールとキャッシュバックで末端価格5000円くらいになった瞬間に飛びついてしまった。
しかし今度はUP3のバッテリもちの悪さに悩んでいる。
7日間もつとのことだが6日間しかもたないので、一週間の生活サイクルの中で充電習慣が作れない…。
これというベストが見つからないので今日だけふたつともつけてみた。(悪趣味!)

a0023082_18540539.jpg

話を戻して、体重を落とすためには運動が必須。
これはもう常識すぎるからみんな信じている。
UPをつけるようになってこの3年間とにかく歩くようになった。
目標一日1万歩、最低でも平日は8000歩は歩いている。
ジムにも通った。(過去形だ。)

でも本当に痩せられる理由はこの一番上のスクショに書いてある。
毎日の摂取量を減らせばいいのだ。
トシをとると代謝が落ちるのなら食べなきゃいい。
30代の頃とおなじ質量を食べる必要があるのか? おい、40代!

この三ヶ月の結果の源はコレだ。

a0023082_14430353.jpg

朝晩はしっかり食べてるけれどランチはこれだけ。
バナナは会社の近所のハナマサで一房5本ついてて120円ほど。
ヨーグルトは下のファミマで110円ほど。
バナナは1食2本なので170円くらいのランチ。
最近、家庭内プラザ合意でおこづかい本位制に移行したので体重だけでなく財布もダイエットできてるという!
なんて優れたライフハック!

コツはこれをマストにしないこと。
ルールを破って脂っこい弁当をガッツリ食べることもよくある。
罪悪感は持たなくていい。
そのぶんフツーの日はしっかりバナナとヨーグルトにする。
とにかく、トシで代謝できなくなったんだから食べない! 

とまぁ、ここまで自分の体重を管理コントロールするようになったのはある病気のせいだ。

睡眠時無呼吸症候群。
寝ている間に呼吸が止まる病気で心臓への負担から早死にするという病。
昼間猛烈な眠気に襲われて気を失っているような状態があり、それが原因で交通事故で亡くなる人もいるとか。
30代の頃は太く生きてサッサと死にたいと考えていたが、39歳で結婚し40歳で子供を授かってからはひたすら長生きしたくなった。
毎晩眠るときはCPAPという医療機器をつけている。


a0023082_09493639.png


睡眠の質と量を気にし始めたのがUPを装着するきっかけだった。

毎月このために通院しているけれど、これを外せるようになるために「もっと痩せて」と医師から言われている。
睡眠クリニックの待合室にいる患者さんのほとんどがけっこうなおデブさん。
比較的痩せている方なハズなんだけど痩せなきゃいけない。

当面の目標は65kg。
あと2kg、あと二ヶ月で達成できるかな。
CPAPから無縁の生活になりたい…






by champlasonic | 2016-04-15 20:18 | days | Comments(0)