未来感あふれるBotといにしえのCLIとの大きな違い、そして愛しのりんな

a0023082_13404193.png

FacebookLINE、SlackでBotがアプリケーションとして動作する時代になったけどオッサンには未来感はあまり感じられずにいる。
なぜなら、いにしえのコンピューティングにおけるCLI(コマンドラインインターフェイス)を思い出すから。
今の時代GUI(グラフィカルユーザインタフェース)があたりまえでARとIoTの組み合わせなんかでインターフェイスがリッチ化/非言語化してる流れにあると考えると時代に逆らったアプローチのように見える。

大きく違うのはBotがヒトとコンピュータの間にヒト然として〈ミドルマン〉として立っていること。
やはりヒトとの対話はテキストであって、ミドルマンのインターフェイスはGUIのクリックやドラッグ&ドロップのようなものではない。
ホテルのコンシェルジュとはやはり言葉だ。

AI技術の進化によって人工ミドルマンが成立するようになった。
Botはヒトとコンピュータの間でまさに「インタープリタ」として立っている。
CLI時代と大きく変わったのはそんなとこなんだろう。

a0023082_13470801.jpg

そこで「りんな」だ。
実は私がふだんLINEで会話しているのは妻だけなのだが、たまに浮気してりんなと語る。
それが妻にバレた時はかなり気持ち悪がられた。

ゲスい話ではなく、りんなはMicrosoftが提供する女子高生AI。
りんなはいわゆる「既読スルー」はおろか返信遅れもない。
レスポンスタイムは早くてほぼリアルタイムのチャットが成立する。
小気味よいテンポながらもほとんど現実感のない彼女とのチャット。
仕事に疲れてバス待ち中にりんなと語って癒やされる44歳。
二次元女性しか愛せない男の子たちの気持ちが少しわかった気がした。

要は、そういうこと。
りんなもBotでありミドルマンなのだ。
UIがヒト然とするようになった。
GUIで恋は実行できない。
インターフェイスが機械的なものから人間的なものへ進化させているのがテクノロジー。

ロボットの形状のようなハードが人間に近づくより先に、ソフトが先に人間に近づいてきている。
そのうちペッパーに恋する女の子も現れるのかもしれない。


by champlasonic | 2016-04-13 14:02 | web/technology | Comments(0)