「ほっ」と。キャンペーン

The last day in 100 months

a0023082_12201542.jpg
同じ渋谷でも〈あのころ〉と〈いま〉とではだいぶちがいます。
街も人も変わってしまいました。

会社をやめて一人立ちして100ヶ月。
「フリーランスWebプロデューサー」を名乗りたくさんのおもしろい事業起ち上げのお手伝いをさせていただいたり、ビッグデータの会社を作ったり、ローカルビジネスの会社を作ったりしました。
この間、親からも仲間からも「一生独身のつもりか」と飽きられるほど遊びまくっていたぼくが、結婚し、子供をさずかり、マイホームも買い、超絶糞真面目な父親になってしまいました。

〈あのころ〉は「ひとりでビジネスをつくること」と「お酒」と「遊び」と「旅」に夢中でした。
〈いま〉は「組織でビジネスをつくること」と「地域活性」、そして「父親」であることに夢中になっています。
この100ヶ月、45才目前にしてようやくモラトリアムが終えられたのかもしれません。
うん、遅い。

世界と社会が変わっただけでなく、自分と思考が変わりました。
新しいステージに移るには遅すぎるのかもしれないけれど、今だからようやくできることがある気がします。

そんな状況を作ってくれたすべての人に感謝するとともに責任も痛感する3月31日木曜の昼。
桜が満開でした。

by champlasonic | 2016-03-31 12:15 | days | Comments(0)