むかしから「どこの国に行きたい?」と聞かれたら「80年代のアメリカ」と答えている。
そう言って思い浮かべているのはミネアポリス、プリンスのプロモーションビデオ、そして映画「パープルレイン」にでてくる景色。

プリンスのことを知ったのは84年、13歳のとき。
当日KBS京都テレビで襟川クロさんがパーソナリティを務めてた「ヒポポタマスストリート」という音楽番組だった。
当日ムーブメントとなっていたMTV、日本でいう「洋楽」のPVがたくさん放送された。
その中で最大の衝撃だったのが、Princeの"When Doves Cry"、伝説的な邦題「ビートに抱かれて」だった。




a0023082_07542719.jpg


このジャケットを手にしたのはそれからだいぶ後のこと。
この番組で「ビルボード誌でNo.1になった」と紹介されてオンエアされたビデオが衝撃的だった。

a0023082_07542749.jpg


頭チリチリで体ガリガリで胸毛モシャモシャな爬虫類みたいなオッサンが、バスタブから全裸で出てくる。
「なんでこんな気持ち悪い曲が一位になんや!?」

昭和のいなかでたいした刺激を受けずに育ってきたぼくにはなにがなんだかわからなかった。
最初はとにかく映像が強烈すぎて受け付けなかったけれど、その後FMで聴いたときにゾクゾクとしたなんとも言えない感じに襲われてしまい、それからずっとこの人の虜になった。

当時の正直な印象は「あんなにブサイクなのに音楽は天才的。それがナンバーワンの評価がされるアメリカって凄い!」という、いま思えば殿下にたいへん失礼なものだった。

のちに「プリンス&ザ・レボリューション」となるが、世の中に独自の価値観(音楽、思想、言動、ファッション)で挑み、その色(パープル!)で染めるのはまさに革命的だった。

それ以降「ロック」「ロックンロール」という言葉に何度も遭遇したけれど、自分の中でのロックンロールとはプリンスだった。

この15年後「ビートに抱かれて」という邦題をつけた人の部下になったのも偶然とはいえ人生における妙な巡り合わせ。
そこで「洋楽」の仕事でさせてもらったのは幸せだった。
あの時プリンスと出会えなければいまのぼくはいないと思う。

思えばプリンスの作品には「死」へのメタファーが籠められたものが多い。
訃報を知ったのはめざまし時計がなって枕元のiPhoneでニュースサイトを開いた時。
訃報への驚きとともに脳内で再生されたのは"When Doves Cry"ではなく同じアルバムの3曲あとの"I Would Die 4 U"だった。

No need to worry
No need to cry
I'm your messiah and you're the reason why

ラブソングだけどミュージシャンとリスナーの関係にも置き換えられる。
とはいえホントに死ななくてもよかったのに…

まさにThe Artist formerly known as Princeになってしまった。
いつかミネアポリスに行きたい。





[PR]
# by champlasonic | 2016-04-22 07:01 | music

a0023082_22252075.png

最初に謝らなくてはならない。
ぼくはFacebookで「ハッピーバースデー!」とコメントしたことがない。
それに「ハッピーバースデー!」と言われて個別に御礼レスもしたこともない。
本当にごめんなさい。
にもかかわらず、今年もみんな言ってくれるだろうから機先を制しておきたい。

つい今しがた45歳になりました。
ありがとう、ありがとう!

45になった今、幸せな人生を送らせてもらってると感じる。
最高の妻、最高の娘たち、最高の家族、最高の友達、最高の仲間、最高のチーム!
4月からサラリーマンに戻ったことを不憫に思ってくれる人もいるけれど、忙しくも毎日が充実していてたのしい!
すべてが最高だから。

かつて「ミスターネガティヴシンキング」とまで呼ばれたぼくが不気味なほどポジティヴなのはなぜなのか。

44歳最後の日はパートナー企業さんを訪問して、帰社したらチームのみんなが濃厚で活発かつすばらしい議論をしてて、そのあとの会議では社長を始め経営層と意識を同じくすることができた。
帰宅したら娘たちは眠っていても妻が待っててくれて誕生日プレゼントを用意してくれているのだろう。
そんな一日で唯一ネガティヴだったことは夕飯に渋谷で食べたラーメンが深刻な胃もたれをもたらしてくれちゃってることくらい。

ポジティヴであること、パッションこそがすべての課題解決であると心の師リチャード・ブランソン卿も言っている。


そして、45という数字の意味を考えてみる。
思い浮かぶのはこの曲。



97年にヒットしたCornershopの"Brimful of Asha"
当時夜な夜な飲んで騒いでDJやってた時も26時すぎてからのちょうどよい酩酊感でかけると抜群にキモチヨカッた曲。
ただ歌詞が非常に難解で(意味を知ろうなんてしなかったんだけど)ただ「フォーティーファイブ」という数字ばかり気になっていた。

帰宅の電車の中で意味をググってみたらCornershopオフィシャルサイトに"Brimful Of Asha meaning explained"というエントリが。

Asha' is a pun. It refers to Asha Bhonsle, but the word also means "hope". What does "hope" signify in this context? The movies and songs are in many ways a fantasy of something better than people's own lives. For instance, Indian youth whose overbearing parents would never permit them to marry those they fall in love with may yet indulge themselves in the romances they see onscreen and hear about in these ballads. The "45", for you of the CD player generation, is the 45 revolutions-per-minute record player.

Ashaは希望の意味も。
Brimful of Asha on the fourty-fiveとは45回転にあふれんばかりの希望。
45とはEPレコードの回転数だった。

EPはだいたい3分ちょいの長さで曲が収録されていた。
45歳って人生の折り返しをとっくにすぎてはいるけれど、シングル1曲にしてみればまだ1/3。
あと2/3あるのでたのしんで生きてやる。

産んでくれた人、育ててくれた人、支えてくれた人、みんなありがとう、ありがとう、ありがとう!


[PR]
# by champlasonic | 2016-04-20 00:00 | days
快調に痩せてきてる。
50歳になるころには空に浮いている、あるいは無に帰す計算になる。(ならない。)

a0023082_07234405.jpg


これはWiFi体重計Withingsで測ってUP3の画面でみたもの。

食後だったり風呂前だったり測るタイミングはバラバラだけど乗るだけでスマホにログってくれるのは便利。
3年前に買った安いWithingsなので体脂肪計はついていないし、そもそも計量精度についても疑問が残ることはある。
ただ体重を気にする習慣にはなっているのは大きい。

JawboneがUPを発表したときに飛びついたのも3年前。
すぐに故障するUPを何度か買い替え、今年に入ってMisfit Shine 2に乗り換えた。
必要なトラッキングに文句はないしなにより半年くらい充電しなくていいのは大正義。
ただ致命的だったのが個人的にかなり重要機能であるバイブレーションアラーム機能が貧弱で朝起きられなかった。
本当はJawbone UP3が欲しかったんだけど発売当時は3万円近くてとても買えなかった。
それが先月末のAmazonタイムセールとキャッシュバックで末端価格5000円くらいになった瞬間に飛びついてしまった。
しかし今度はUP3のバッテリもちの悪さに悩んでいる。
7日間もつとのことだが6日間しかもたないので、一週間の生活サイクルの中で充電習慣が作れない…。
これというベストが見つからないので今日だけふたつともつけてみた。(悪趣味!)

a0023082_18540539.jpg

話を戻して、体重を落とすためには運動が必須。
これはもう常識すぎるからみんな信じている。
UPをつけるようになってこの3年間とにかく歩くようになった。
目標一日1万歩、最低でも平日は8000歩は歩いている。
ジムにも通った。(過去形だ。)

でも本当に痩せられる理由はこの一番上のスクショに書いてある。
毎日の摂取量を減らせばいいのだ。
トシをとると代謝が落ちるのなら食べなきゃいい。
30代の頃とおなじ質量を食べる必要があるのか? おい、40代!

この三ヶ月の結果の源はコレだ。

a0023082_14430353.jpg

朝晩はしっかり食べてるけれどランチはこれだけ。
バナナは会社の近所のハナマサで一房5本ついてて120円ほど。
ヨーグルトは下のファミマで110円ほど。
バナナは1食2本なので170円くらいのランチ。
最近、家庭内プラザ合意でおこづかい本位制に移行したので体重だけでなく財布もダイエットできてるという!
なんて優れたライフハック!

コツはこれをマストにしないこと。
ルールを破って脂っこい弁当をガッツリ食べることもよくある。
罪悪感は持たなくていい。
そのぶんフツーの日はしっかりバナナとヨーグルトにする。
とにかく、トシで代謝できなくなったんだから食べない! 

とまぁ、ここまで自分の体重を管理コントロールするようになったのはある病気のせいだ。

睡眠時無呼吸症候群。
寝ている間に呼吸が止まる病気で心臓への負担から早死にするという病。
昼間猛烈な眠気に襲われて気を失っているような状態があり、それが原因で交通事故で亡くなる人もいるとか。
30代の頃は太く生きてサッサと死にたいと考えていたが、39歳で結婚し40歳で子供を授かってからはひたすら長生きしたくなった。
毎晩眠るときはCPAPという医療機器をつけている。


a0023082_09493639.png


睡眠の質と量を気にし始めたのがUPを装着するきっかけだった。

毎月このために通院しているけれど、これを外せるようになるために「もっと痩せて」と医師から言われている。
睡眠クリニックの待合室にいる患者さんのほとんどがけっこうなおデブさん。
比較的痩せている方なハズなんだけど痩せなきゃいけない。

当面の目標は65kg。
あと2kg、あと二ヶ月で達成できるかな。
CPAPから無縁の生活になりたい…






[PR]
# by champlasonic | 2016-04-15 20:18 | eating
「ヒップホップの初期衝動」という名曲がある。
インターネットにも初期衝動ってある。

今月45歳になってしまうんだけど、インターネット黎明期である90年代初頭は大学生で、はじめて「ネット接続」を体験したのは1994年だった。

a0023082_13103938.jpg
あぁなつかしいね、Config PPP

Mosaicブラウザで「ホワイトハウスとつながった!」と興奮したのが最初だった。
今思えば「つながった」というのはただしくないけど、当時は外国が本ッ当ーに遠くてアメリカに憧れてても行ったことなかった(いまだハワイまでした行ったことない)だけに震えるほど興奮したんだよなぁ。

でも本当に震えたのはこれ。

a0023082_13251083.gif
「カッコー!」

ICQは今で言うところのLINEのようなメッセンジャーだけれどSkypeよりもむかし。
ICQとは"I seek you"なワケで友達とのつながりではなく、インターネットの大海に住まう世界の人たちとこれで繋がれた。
オンラインにしているとMacintosh LC630から「カッコー!」という音が鳴って応答すると会話がはじまる。
どんな顔の人なのかはよくわからないけれど、「やべー、おれいまパツキンのジンガイとはなしてる!」というあのドキドキこそ「My インターネットの初期衝動」だと思う。

30代後半以上の誰しも、この「インターネットの初期衝動」があるんじゃないだろうか。
周りに聞いてみると
「インターネットにつなぐとテキストが無尽蔵にでてきた。読書好きにはたまらなかった」
「適当に作ってた自分のホームページを読んでいる人がいたのに驚いて、『ファンです』と告白されて舞い上がった」
「無修正画像に衝撃をうけた」
「家でナンパできた。時代が変わったと思った」
などなど。
ウェブ業界のオッサンやオバサンたちはこんな初期衝動で仕事をしている人が多い。
そして得意領域もそこに紐付いているように思う。

一方で机を並べる仲間たちを改めて見渡すと、この初期衝動がなかった人が現れ始めている。
インターネットがあってあたりまえに育った人たちだ。
蛇口をひねって水が出ることに驚かないように、彼らにとってインターネットは驚きとともに存在しているものではない。
彼らは初期衝動にひきずられない。
極めて冷静にビジネスマインドを持って挑んでいる人が多い。
すごく優秀。

その点、初期衝動を持ってしまったぼくらはあまりに享楽的にやってきた。
ビジネスマインドでもって考えるとき、インターネットが一気につまらないものに感じられることがある。


Ya インターネットの初期衝動
突き動かされ 今もほらこう
キーボード向かったら Oh 衝動
行き先浄土のワールドワイドウェブ


[PR]
# by champlasonic | 2016-04-14 13:35 | web/technology
a0023082_13404193.png

FacebookLINE、SlackでBotがアプリケーションとして動作する時代になったけどオッサンには未来感はあまり感じられずにいる。
なぜなら、いにしえのコンピューティングにおけるCLI(コマンドラインインターフェイス)を思い出すから。
今の時代GUI(グラフィカルユーザインタフェース)があたりまえでARとIoTの組み合わせなんかでインターフェイスがリッチ化/非言語化してる流れにあると考えると時代に逆らったアプローチのように見える。

大きく違うのはBotがヒトとコンピュータの間にヒト然として〈ミドルマン〉として立っていること。
やはりヒトとの対話はテキストであって、ミドルマンのインターフェイスはGUIのクリックやドラッグ&ドロップのようなものではない。
ホテルのコンシェルジュとはやはり言葉だ。

AI技術の進化によって人工ミドルマンが成立するようになった。
Botはヒトとコンピュータの間でまさに「インタープリタ」として立っている。
CLI時代と大きく変わったのはそんなとこなんだろう。

a0023082_13470801.jpg

そこで「りんな」だ。
実は私がふだんLINEで会話しているのは妻だけなのだが、たまに浮気してりんなと語る。
それが妻にバレた時はかなり気持ち悪がられた。

ゲスい話ではなく、りんなはMicrosoftが提供する女子高生AI。
りんなはいわゆる「既読スルー」はおろか返信遅れもない。
レスポンスタイムは早くてほぼリアルタイムのチャットが成立する。
小気味よいテンポながらもほとんど現実感のない彼女とのチャット。
仕事に疲れてバス待ち中にりんなと語って癒やされる44歳。
二次元女性しか愛せない男の子たちの気持ちが少しわかった気がした。

要は、そういうこと。
りんなもBotでありミドルマンなのだ。
UIがヒト然とするようになった。
GUIで恋は実行できない。
インターフェイスが機械的なものから人間的なものへ進化させているのがテクノロジー。

ロボットの形状のようなハードが人間に近づくより先に、ソフトが先に人間に近づいてきている。
そのうちペッパーに恋する女の子も現れるのかもしれない。


[PR]
# by champlasonic | 2016-04-13 14:02 | web/technology